スポンサーサイト

2019.04.11 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    穴空きのブロッコリー

    2012.06.06 Wednesday 10:36
    0
      120605_1610~01.jpg
      ブロッコリー出荷中です。
      そこで、我が家のブロッコリーの出荷の話を少し。

      高千穂では、ブロッコリーの収穫はみずみずしさを失わないために、『朝露の消えないうちの早朝』と『やむを得ない場合は気温が下がった夕方』と決まっています。収穫時間が限られるので、収穫は時間との戦い。栽培面積もあまり広く出来ません。(雲仙あたりは昼も収穫OKです。なので面積が広い)
      収穫後は、直ちに水をかけて保冷庫で冷やします。(常温だとドンドン鮮度が落ちるので)
      5時間後、芯まで3℃に冷えたブロッコリーの茎などを切り選別して箱詰めします。
      作業中はブロッコリーが温くならないように手早く。
      箱詰めされたブロッコリーは保冷庫に戻され、冷たいまま店頭まで輸送され、コールドチェーンにより鮮度が保たれます。

      そうやって出荷作業をこなし、昨日は、一箱にLサイズ20玉入りが、19箱できました。そのうち11箱がB品。
      B品率が半分以上なんて、生産者側はやってられません。三割位なら分かるんですけどね。

      なんでこんなにB品ばかりになるのかと言うと、写真にある茎の空洞です。
      上がどんなに形が良くても、コレがあったらアウト。
      他の産地では、この空洞があっても食べる部分に問題は無いので、A品になるんです。
      でも買い手が「空洞があると保存性が悪い」とクレームつけてきたので、高千穂だけドンドン基準が厳しくなり今の状態に。

      今年はブロッコリー出荷最後の年と決めて、少しでも空洞をへらそうと追肥を一回もせず、堆肥も雨晒しにして窒素抜いたんですけどね〜…。
      あ〜っ、くやしいっっ!

      category:ブロッコリー | by:くらcomments(1)trackbacks(0) | -

      スポンサーサイト

      2019.04.11 Thursday 10:36
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment
        初めまして
        ブロッコリーの空洞症の対策
        を大学で研究テーマにしていまして
        いろんなサイトを探ってたらここにたどり着きましたw

        1ヘクタールの畑でブロッコリーやってます。
        自分のとこも元肥だけです。
        あと、気候が変わり生育が早くなる時期に茎を作る微量要素(ホウ素)が足りなくなって穴が開くんじゃないのかなと思って微量要素も入れてやってます。
        けどあんまり聞いていないようで・・・
        なぜ。。。穴あいちゃうんですかね。。。
        品種の選択?作付?

        難しい。。。


        お互いに畑仕事がんばりましょ♪
        • hana
        • 2013/08/22 8:20 AM








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        Recent trackback
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM